とても良い手段であるCPAP

とても良い手段であるCPAP

睡眠時無呼吸症候群のとっても有効な治療法であるCPAP。CPAPは鼻につけたマスクから風を送り込むというものということで薬などを使用せずなるべく自然に近接状態で治療が行えます。

その他にもCPAP治療中に不具合や気になる部分があるならば何でも医師に質問、相談する事が睡眠時無呼吸症候群を克服する近道となります。まずは、睡眠するお部屋の湿度に問題がある場合は加湿器などで湿度を調節してみましょう。

空気そのものが潤えば口の中や喉も潤います。「CPAPで確かに睡眠中の無呼吸やいびきは改善されたがとっても口の中や喉が乾燥してしまうでしょうでしょう」たしかに朝起きて口やのどがカラカラと言うのは気持ちの純良ものではありませんし、喉が乾燥すると言うのは免疫力も弱まり風邪もひきやすくなってくるでしょう。

最早一つ、中には睡眠中口を開けて眠っている方も多く、これも大きな乾燥の原因となっています。口が閉じていれば水分も蒸発して行かなくなりましてしまったので乾燥も防ぐことが出来ます。

夙にすでに使用してると言う方も多く、その効果は立証済みです。そのような非常に調子がいい手段であるCPAPですが、治療中の方からこにみようかな声も聞こえてきます。

せっかくCPAPを使い快適な睡眠を摂ってるのだから朝の目覚めも爽快にしたいものだ。ですがもちろんこの解決策もございます。

CPAPは風を送り込むのだからこういったお悩みが聞こえてくるのも理解出来る。CPAPを取り扱っている病院の多くには顎を押えるバンドも有りますので、口を閉じて眠ることが出来ます。

CPAPを使っていて以上の事をしても乾燥が改善されない場合は医師とご相談ください。